残業の多い社員等を自動リストアップする機能をリリースしました

f:id:gozal:20190618173825p:plain

面倒な労務管理を組織づくりの基地にする、クラウド労務管理サービス「Gozal」 の公式ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

今回は、2019年6月18日にリリースした新しい機能についてご案内させていただきます。

今回の対応により、勤怠集計値を用いて働きすぎている社員を抽出することができるようになりました。弊社ではこちらの機能を「勤怠アラート」と呼んでおります。

 

「勤怠アラート」開発の背景

近年、残業時間に対する規制・世論が厳しさを増しており、様々なルールを遵守することが求められています

また、法令遵守だけではなく、収集したデータを元に、組織改善を進めること、また改善した数値データを採用広報に活用していくことも重要性が増しています。

以上のような時代背景の中で、過去に前例がないほど、労務担当者に求められる役割が広く、そして深くなっています

 

Gozalでは、労務担当者の方には、組織をより良くすることに集中していただきたいという想いを強く持っておりまして、自動化できる部分を増やすことを目指しております。

 

今回の「勤怠アラート」機能は、常にタスクや答えのない問題と最前線で戦っていらっしゃる労務担当者の方が、少しでも快適にお仕事に向き合って行けるように、働きすぎている社員の調査・リストアップを手間なく実現することを目指し、開発を進めております。

 

勤怠アラート機能がご提供する価値

今回新たにリリースされた機能では、下記のような価値をご提供できると考えています。

 

・36協定に違反しそうな社員を月途中でもリアルタイムに手間なく把握できる

・数ヶ月に渡って長時間残業が続いている社員を手間なく把握できる

・休日出勤が多い社員を手間なく把握できる

・欠勤が増えている社員などモチベーションが下降傾向の社員を手間なく把握できる

 

 

勤怠アラート機能の活用イメージ

勤怠アラートは下記の2ステップでご活用いただけます。

 

ステップ1 勤怠アラート条件を作成する

f:id:gozal:20190618184906p:plain

アラート条件はいくつでも自由に設定・追加いただくことが可能です。

また社員ごとに適用するアラートは変更することが可能です。

 

ステップ2 勤怠アラート条件を社員に適用する

f:id:gozal:20190618185030p:plain

アラート条件を社員に適用していただければ、自動で対象者をリストアップすることができます。

 

f:id:gozal:20190618185304p:plain

勤怠アラート機能は今後も改善を続けてまいります。より多様な条件での自動アラート、Slack等への自動通知などもご提供を予定しております。

 

 

勤怠アラート機能に関するヘルプ

勤怠アラート機能のご利用方法などをまとめた記事を、下記リンクよりご参照いただけます。

 

 

 

最後に 

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。 

クラウド労務管理サービス「Gozal」は、今後も面倒な労務管理を組織づくりの基地にするために、改善を進めて参ります。 

 

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。