「メンタルヘルス/ハラスメント対策」をテーマにしたセミナーに登壇しました!

面倒な労務管理を組織づくりの基地にする、クラウド労務管理サービス「Gozal」 の公式ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

本日は、6月21日行われた「メンタルヘルス/ハラスメント対策」をテーマにしたセミナーに、弊社の高谷が登壇した様子をお知らせ致します。

 

f:id:mppl-11-rose:20190626102802j:plain

 

「メンタルヘルス/ハラスメント対策」セミナーの概要

本セミナーは、組織成長を阻害するリスク予防や、企業の定着率改善を目的として、メドピア株式会社の連結子会社で産業保健支援サービス「first call」を提供する株式会社Mediplat(以下、「Mediplat」)様と合同で開催されました。

 

近年、働き改革法案への対応や、新しい働き方の導入で必要コストが増加している中、企業の人事や労務の担当者様は、今まで以上の役割とより徹底した対応が求められています。

その中でも、「メンタルヘルス」や「ハラスメント対策」は、常に対応必須とされています。今回のセミナーでは、現役の産業医、社会保険労務士の先生に解説いただきながら、実務上の対策を整理していただきました。

 

そして、弊社高谷は、クラウド労務管理サービス「Gozal」の運営をしていく中で、各種企業様が抱えている課題を労務データを活用した離職率の改善をテーマにお話しさせていただきました。

 

当日の様子

参加者のみなさまから、実際に抱えている問題を交えて、たくさんのご質問をいただき、非常に活発的なセミナーとなりました。

セミナーが進む中で、実務上での具体的な対応策など、みなさま熱心にメモを取られておりました。

弊社としても、人事や労務担当者様と直接お話をさせていただき、より今後の課題を直視することができ、

短い時間ではありましたがとても有意義な時間となりました。

 

 

最後に 

最後までお読みいただき誠にありがとうございます。 

クラウド労務管理サービス「Gozal」は、今後も面倒な労務管理を組織づくりの基地にするために、改善を進めて参ります。 

 

今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。