働き方改革対応リリース|60時間超の残業集計から給与計算までの自動化を実現

f:id:gozal:20190412230012p:plain

 

クラウド労務管理サービス「Gozal」の公式ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。2019/04/11に、法定割増賃金率引き上げに対応するリリースを行いました。

 

60時間超残業の割増賃金率の引き上げ

f:id:gozal:20190412225123p:plain

働き方改革による改正労働法の施行により、2023年4月1日から、中小企業についても、月60時間超の残業に対する割増賃金率が、大企業と同じ50%に引き上げられることが決まっています。

今後は中小企業においても、残業時間の集計処理、また異なる割増率による給与計算の対応が必要となります。

 

リリースされた機能

今回のアップデートによって、月次勤怠集計処理で以下の項目を自動集計することができるようになりました。

  • 時間外労働(45時間超60時間未満)
  • 時間外労働(60時間超)

 

また集計した上記2点をそのまま給与計算式に活用することも可能です。

f:id:gozal:20190412212756p:plain

 

Gozalでは今後も、法律の変更などに対してできる限りスピーディに対応していく予定ですので、さらなる改善をお待ち下さい。